《東京都伝統工芸士》の和楽器専門店                                    琴・三味線の製造/販売/通信販売/修理を行っております。
和楽器専門店 琴製造元 片切琴三味線店 TEL042-541-0807/FAX042-541-0862
HOME»  ブログ記事一覧ページ
HOME»  ブログ記事一覧ページ

ブログ記事一覧ページ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

半沢直樹から「ネジが日本を支えとんのや」

皆さんはTBSの日曜に放送されていた「半沢直樹」をご覧になりましたか?
平成の中でも最高の視聴率を記録したとか。

毎週、テレビの放送日が楽しみだったのは久しぶりです。
特に主人公のお決まりのセリフ「倍返しだ」を聞くのが楽しみでした。

原作は池井戸潤の「オレたちバブル入行組」で、バブル末期の銀行員が内外の
人間や組織の圧力や逆行と戦う姿を描いたものです。

その中で主人公「半沢直樹」の父が経営していたのが小さなネジ工場。
鶴瓶が演じる父親役のセリフに「こんな小さなネジが日本を支えとんのや」というのがありました。

琴は樹齢30~40年の桐材を切り、2~3年乾かします。
それから作業に入ります。削り、磨き、細工を施して糸を締め、調弦を行うという
長い時間がかかっています。

また、その技術を職人が身に付けるのにも時間がかかります。
日本を支えるとは言えませんが、そのセリフから地道に作業する工場の様子を
当店の工房に重ねました。

当店では、材質の特徴を生かし、音が響くように手作りにこだわり製造をしています。
最近では、中古品やご両親等から譲り受けたものを、新たに弾けるようにするご依頼も
多く承っております。その仕上がりには、毎回、皆様に大変に喜んでいただいております。
是非、お持ちのものでお困りでしたらお問合せ下さい。

お客さまの感想→http://www.koto-shami.com/original9.html
お問合せ→http://www.koto-shami.com/original2.html#inquiry







 

2013-09-23 21:27:45

コメント(0)   |  トラックバック (0)

中秋の名月~夜長の演奏に~

今夜は日本は、満月で2013年の「中秋の名月」だそうです。

お月見の「十五夜」というのが旧暦にあたる8月15日で
その前後の夜の月をそう呼ぶのだそうです。

それぞれの言葉は、聞きなれているものですが
確かに、このところ秋の気配が濃くなり、夜になると
月を自然に見上げている気がします。
昔からの風習は今でも変わりないのに驚きます。

これから日本は、夜の時間が長くなってきます。
秋の夜長はどのように過ごされますか?
読書、音楽、DVD鑑賞、グルメ等いろいろとあるかと思います。

その中で、三味線の演奏を楽しむのに「忍び駒」がおすすめです。
最近では、何事にも周囲への配慮が必要です。
駒を取り付けることで演奏の音量を抑えることが出来るので、便利です。
秋の夜長を気兼ねなく楽しんでいただければと思います。

詳しくはこちら⇒http://www.koto-shami.com/item/SNK0001/








 

2013-09-19 11:39:10

コメント(0)   |  トラックバック (0)

2020●TOKYO 五輪開催決定!

2020年のオリンピックが東京で開催することが決定しましたね。
決定に大きな効果をもたらしたのは、猪瀬東京都知事を始め
それを支える関係者の方のロビー活動と外国語のスピーチ等
といった熱意を十分にアピールできたことのようです。

只今、当店では秋の演奏会をご予定の案内をホームページ上で行っております。
是非、少しでも皆様の演奏会や活動について知っていただけるために
お役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

お問合せ
http://www.koto-shami.com/original2.html#inquiry

2013-09-08 19:42:31

コメント(0)   |  トラックバック (0)

イチロー、4000安打達成!~準備のおすすめ~

先日、嬉しいニュースが届きました。イチロー選手が4000安打を達成しました。
しかもメジャーリーグに移籍しての達成です。日本人として誇らしく、大きな希望や感動を与えられました。
 
達成するには、4000安打の倍以上を休みもなく練習し、試合当日は4時間前に球場に入り
入念なストレッチ等で開始時間まで備えることを続けているそうです。
 
それを支える強い信念を表す道具のインタビューの名言があります。
ご存じの方も多いと思いますが、子供達にグラブの手入れをすすめるのに
「決して「きれいにしろ」というだけの意味ではありません。そのクラブで練習することで
体に、必ず残るわけですよ、記憶が体に残っていく。」
当店も一同でその姿勢を少しでも見習わなければなりませんね。
 
そこで、いよいよ来月からは演奏会の季節が始まります。
野球のマウンドとは違いますが、演奏会で舞台に上がる前の準備の
おすすめをさせて頂きます。

〈演奏会前におすすめの修理等〉
□お琴については「糸締め直し」「新糸締め」
音色が良い状態で演奏にのぞめます。さらに綺麗に柱が並び調弦を行う意味もございます。
(※古典と新曲の両方に使用したい方等も。)
 
それ以外では糸締めしてから3年を過ぎていますと糸締めが必要です。
実は上部の結び目は長い期間の負担から、ほどいた時に切れるのです。
そうしますと新しい糸に取替えが必要になってきます。
あとは、「爪を当てる部分が毛羽立っている」「糸のゆるみを感じている」場合も糸締めの
必要があります。
 
□三味線については「皮張替え」「糸巻調節」「糸の取替え」
皮の張り替えについては、通常ですと張り替えをしてから3年が過ぎますとゆるみから音が鈍くなってきます。
張りの具合にもよりますので、プロの方ですと1年という場合もございます。ご予算等を重視される方でしたら
表面を張り替えるだけでもおすすめです。

修理一覧表はこちら→http://www.koto-shami.com/original4.html

当店では隣接する工房で熟練の職人が修理を行っております。
上記以外でも、ご不安な点等をお気軽にお問合せください。
ご遠方の方についてはメールで写真でのおおよその御見積もりも可能です。

お問合せはこちらから→http://www.koto-shami.com/original2.html#inquiry

2013-08-25 14:30:02

コメント(0)   |  トラックバック (0)

祭・まつり・フェスティバル ~ハレの日の準備~

今週末はいたる地域で祭りが行われるようですね。
行く予定の方も多いのではないでしょうか?

8月2日には東北三大祭りの1つのねぶた祭りも始まったようです。
そして、当店の周辺でも、いくつかの神社、恒例のお祭りと
さらにはビールのフェスティバル等と沢山の祭事が行われるようです。

祭りは、古くから非日常を感じる「ハレの日」としても行われてきたようです。

邦楽では、これから秋に多く予定される演奏会まさにハレの日ですね。
そこでの演奏の準備として大事なものとしては調弦があります。

独奏、合奏さらには洋楽器との演奏等、調弦で印象が変わって
しまいます。

当店では邦楽用チューナーを中心に取り扱いを行っております。
初心者の方向けから、人気のシリーズの最新版もございます。
是非、秋のご準備にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちら→http://www.koto-shami.com/category/82/










2013-08-01 08:43:10

コメント(0)   |  トラックバック (0)

英国王室~伝統と新風~

昨日、英国王室のウイリアム王子とキャサリン妃に世界が
注目する中、男児が誕生しました。

誕生したお子様については、伝統にのっとり使者が伝えるという方法に
イギリスの王室の伝統を垣間見ました。

ただ、ウイリアム王子とキャサリン王妃のお二人は
一般の方々ようにご自身達で子育てをするという意向だとか。
長い伝統がある中で、新しい型を選んでいくことは大変な
ことだと思います。

三味線の「ゆるまない糸巻」がまさに業界の中では新しい発案として
注目されました。和楽器は伝統芸能として芸を引き継いでいくことを
大切にされています。ただ、色々な面で新しいものも取り入れていくことの
大切さも実感しております。

手の大きさ、力の強さや、個人で趣味で演奏されている方等は
調弦の時点で困っている方も多いと思います。そんな声に応えた商品です。

当店は取り扱い店として「ゆるまない糸巻」は好評販売中です。
演奏中の転調も可能です。特に「象牙の糸巻」等はもどりやすいのでおすすめです。
悩まれている方は是非、おすすめでございます。

詳しくはこちらから→http://www.koto-shami.com/category/68/



2013-07-23 07:39:24

コメント(0)   |  トラックバック (0)

今週末思う。和楽器専門店より

今週末から多くの小学生が夏休みを迎えたようで
楽しそうな小学生を街中で多く見かけました。

今週末の大人はというと、様々なことを考えた方も多いと思います。

当店は、店舗での販売以外に東京都の西部を中心にかなりの数の
公立・私立の小・中学校に和楽器を案内しております。

和楽器を通じて、正座を行うことで礼儀作法の変化や
その音色に癒されたて落ち着きが出た、魅力を感じて
夢中になっている等、生徒さんの良い変化を先生から
お聞きすると嬉しく思います。

和楽器を含め、音楽や芸術を多くの子供達や、多くの方々が
楽しめる機会が増える環境になりますように。

当店ではこれから琴や三味線を始める方には、具体的に
わかりやすい説明を心がけております。
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談のフォームはこちらから→http://www.koto-shami.com/original2.html






2013-07-22 00:05:44

コメント(0)   |  トラックバック (0)

七夕~当店のお願い事~

本日7月7日(日)は七夕です。
関東甲信越は梅雨明けを迎えて星空を眺めるを楽しみ
している方や笹の葉の短冊に願い事をすでに書かれた方も
いらっしゃるかと思います。

当店からのお願い事です。
来月8月に恒例になりました「第19回 東京三味線・東京琴展示・制作実演会」
に参加いたします。

当日は、実演、展示はもちろん、プロの方から様々な
団体に演奏もしていただきます。さらに「抽選会」も予定しています。
琴・三味線に興味のある方や夏休みのイベントとしてご家族やご友人とご一緒に
是非、足をお運びいただければと思います。(詳細は下記にて)
今年の夏は暑いとの予報ですので、気を付けてお越し下さいませ。

◇第19回 東京三味線 東京琴 展示・制作実演会のお知らせ◇

【日時】平成25年8月4日(日)開場:午後12時30分、開演:午後1時
【入場料】無料
【場所】江戸東京博物館 大ホール→ http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
【内容】演奏:和楽団 煌、南篠崎小学校、三鷹の森 さくらクラブ等、「琴や三味線も当たる!抽選会」
【主催】東京邦楽器商工業協同組合
【後援】東京都(公)日本三曲協会、(社)長唄協会、東京都伝統工芸士会


2013-07-07 09:27:15

コメント(0)   |  トラックバック (0)

宮城道雄と17絃

先月の6月25日は宮城道雄の命日でした。
お琴(箏)を生田流で習われている方には、有名な作曲家で演奏家ですね。

その中で幅広い方にしられるのが「春の海」です。
世界的に評価され、幅広い方に知られる邦楽の曲の1つです。

8歳で失明を宣告されるも箏曲の道へ進み、14歳で「水の変態」の作曲
という経歴は稀な才能だけでなく、その人生の歩みを知ると驚きです。

その意欲は、西洋音楽を独学で、新しく邦楽に要素を取り入れることで
箏曲界を活性化させた偉大な人物です。
その中には、楽器開発も含まれ、現在では合奏にはかかせない17絃がその1つです。

当店はその17絃を店内の工房で職人が手作りしております。
17絃の構造上、従来のこもりがちな音を独自の製法で改良しております。

また、「上ピン」「横ピン」、当店オリジナル「口前開閉式横ピン」等
種類も豊富でございます。女性でも扱いやすい重さと長さを考えたものです。

17絃は、楽曲の表現の幅が広がります。サークルやクラブ活動など
グループで1つお持ちいただくことで、一段と楽しい合奏となります。
是非、一度お試し下さいませ。

詳しくはこちら→





2013-07-04 14:43:01

コメント(0)   |  トラックバック (0)

富士山、世界遺産へ~その美しさから~

先日、富士山が世界文化遺産に登録されましたね。

富士山の姿を見ることが出来ると、晴れ晴れして、希望さえ与えられるような
気がします。

その優美な形は、日本を代表する画家の葛飾北斎や安藤広重等の多くの芸術作品の
題材となっているのは、長くに渡り人を魅了してきたと言えますね。

100年前に噴火して成り立ったその円錐形は奇跡的なものだそうです。

琴や三味線については、楽器として音色がいいことと合わせて
美しさも兼ね合わせることになります。

琴に例えると、高級品とされる刳甲(くりこう)とは、長い年月をかけた
桐材を贅沢に採り、外側から継ぎ目のない構造にします。
その木目の良さに加え、高価な紅木や象牙をあしらった装飾をすることで
より価値の高いものになります。

当店では、店内にあります工房で職人が1つ1つの材質を見極め
全て手作りで行っております。

それは「東京都伝統伝統工芸品」として認定されております。
是非、お試し下しませ。

※今後、当店製の手作り琴についての写真は更新の予定でございます。
只今、ご希望の商品の詳細はメールで写真の送付を行っております。

2013-06-22 22:09:53

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3